日本ロレックスをオーバーホールするには料金がかかる

定期的なメンテナンス

ウォッチ

寿命を伸ばすための方法

ロレックスのオーバーホールは日本ロレックスに出す方法もありますが、費用を考慮したいのなら、メーカー外の修理店に出すという方法もあります。そもそもオーバーホールというのは分解掃除のことで5年程度を目途にしており、この位の期間使っていると油やパッキンなどが劣化してくるのでそれを交換するという意味もあります。出来るだけ長く使用して貰う為にパーツを分解して掃除をすることで将来の故障を防ぐという目的もあります。それに加えて重要なのがタイミング調整で、精度の高い調整を行うと狂いが少なくなります。5年のうちには汗が入り込んだり、どこかをぶつけて傷になったりする事もあるので、定期的なオーバーホールを行っていれば安心です。ロレックスのような精密機械は汗のような塩分が入り込むと錆びてしまう事があるので、メンテナンスをしなければ内部が錆びて使えなくなることもあります。また、パッキンはゴムですから劣化によってせっかくの防水性能が保てない事もあります。オーバーホールは人間で言えば人間ドックのようなものですから定期的に受けさせてあげると寿命も延びるというものです。日本ロレックスではオーバーホールした後に必ずロレックス基準を守るための厳しい検査を行っているので、防水に関しても品質に関しても完璧な状態で戻ってきます。現在では、オーバーオールを行なってくれるお店も数多くあります。しかし、お店によってもサービスや費用などが異なるため、利用する時には前もって調べておくことが大切です。また、検査によっては期間がかかることもあるため、余裕を持って早めに検査依頼をするようにしましょう。